[mailto リンクで UTF-8 を使う] と Outlook

Internet Explorer 7.0 以降には [mailto リンクで UTF-8 を使う] というオプションがあります。
この設定とメールクライアント、および mailto リンクの指定方法の組み合わせによっては、件名や本文で文字化けが発生します。
以下では IE7 の挙動がどのように変わるかと、その結果 Outlook をはじめとするマイクロソフトのメール クライアントでどのような動作が行われるかについてまとめました。

Internet Explorer 6.0 以前について

HTML 中に mailto が出現する場合、FORM で指定する場合と HREF で指定する場合があり、HREF で指定する場合はさらに全角文字を事前にエンコードする場合とそうでない場合があります。それぞれについての動作は以下の通りです。

1. フォームの ACTION を mailto: とし、Subject および Body をフォームのパラメータとして送信した場合

Subject や Body の DBCS は、HTML で指定されている文字コードで % エンコードされ、ShellExecuteA によりメールソフトに渡されます。
例えば、Shift-JIS で記述されたページのフォームで Subject を「日本語件名」、Body を「日本語本文」とすると、下記の文字列がメールソフトに渡されます。

  mailto:test@example.com?subject=%93%FA%96%7B%8C%EA%8C%8F%96%BC&body=%93%FA%96%7B%8C%EA%96%7B%95%B6

一方 UTF-8 で記述されたページのフォームで同様のパラメータを指定すると、下記の文字列がメールソフトに渡されます。

  mailto:test@example.com?subject=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E4%BB%B6%E5%90%8D&body=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%9C%AC%E6%96%87

2. HTML 中の HREF タグで mailto のリンクの Subject および Body の全角文字があらかじめ % エンコードされている場合

HTML で指定されている文字コードに関わらず、指定された文字列がそのままメールソフトに渡されます。
例えば、下記の文字列は全角文字を Shift-JIS のコードにより % エンコードしたものですが、UTF-8 が指定されている HTML にこのようなリンクがあっても、この文字列のままメールソフトに渡されます。

  mailto:test@example.com?subject=%93%FA%96%7B%8C%EA%8C%8F%96%BC&body=%93%FA%96%7B%8C%EA%96%7B%95%B6

3. HTML 中の HREF タグで mailto のリンクの Subject および Body に全角文字を指定した場合

HTML で指定されている文字コードのまま、ShellExecutteA によりメールソフトに渡されます。
例えば、Shift-JIS で記述されたページの mailto リンクで Subject を「日本語件名」、Body を「日本語本文」とすると、下記の文字列が Shift-JIS の文字列としてメール ソフトに渡されます。

  mailto:test@example.com?subject=日本語件名&body=日本語本文

一方、UTF-8 で記述されたページの mailto リンクで同様の文字列を指定した場合、上記の文字列がエンコードされず、UTF-8 のバイト文字列としてメールソフトに渡されます。

Internet Explorer 7.0 以降について

Internet Explorer 7.0 以降では [mailto リンクで UTF-8 を使う] の設定がありますが、これをオフにした場合は Internet Explorer 6.0 以前と同様の動作となります。
また、オンにした場合でも、上記の 1. および 2. の動作は変わりません。
そして、3. の HREF タグの mailto の Subject および Body に全角文字を指定した場合に、以下のような動作をします。

  1. 文字列を HTML で指定された文字コード (または自動認識されたページの文字コード) により Unicode に変換します。
  2. Unicode 文字列を UTF-8 とし、% エンコードを行います。

そのため、 Subject を「日本語件名」、Body を「日本語本文」とすると、HTML の文字コード指定に関わらず、下記の文字列がメールソフトに渡されます。

  mailto:test@example.com?subject=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E4%BB%B6%E5%90%8D&body=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%9C%AC%E6%96%87

Outlook 2010/2007 について

Outlook 2010/2007 は Internet Explorer の [mailto リンクで UTF-8 を使う] の設定により動作が変わります。Outlook 2010/2007 にも [ツール]-[オプション]-[メール形式]-[文字設定オプション] に [mailto: プロトコルで UTF-8 をサポートする] がありますが、どちらのオプションも設定されるレジストリは同じ HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Protocols\Mailto\UTF8Encoding になります。そのため、このオプションをオンにすると自動的に Internet Explorer の [mailto リンクで UTF-8 を使う] がオンになります。
[mailto リンクで UTF-8 を使う] がオンである場合、mailto のリンクは Internet Explorer で UTF-8 による % エンコードが行われていると仮定します。
そのため、指定された mailto の文字列については、% エンコードをデコードし、UTF-8 の文字列として取得します。
その結果、ShellExecute やショートカットを使い、Internet Explorer を経由せずに Subject や Body に Shift-JIS の全角文字を指定した場合、文字化けが発生します。
一方、[mailto リンクで UTF-8 を使う] がオフである場合、mailto のリンクは Windows の既定のコードページによりエンコードされていると仮定します。
そのため、指定された mailto の文字列については、% エンコードをデコードし、日本語環境では Shift-JIS の文字列として取得します。

Windows メールについて

Windows メールでは Internet Explorer の [mailto リンクで UTF-8 を使う] の設定によって動作が変わることはありません。
mailto リンクで指定された文字列をデコードした後、パラメータごとに処理します。
そして、件名については UTF-8 が使用されている場合でも正しく識別できますが、本文については文字化けが発生します。

Outlook 2003 以前、および Outlook Express について

Outlook 2003 以前、および Outlook Express が開発された際には、[mailto リンクで UTF-8 を使う] というオプションは存在していません。したがって、mailto に指定された文字列については、常に Shift-JIS として解釈されます。
その結果、以下の状況では文字化けが発生します。
1. UTF-8 で指定されたページにおいて、フォームにより全角文字が送信される場合
2. [mailto リンクで UTF-8 を使う] がオンにされた状態で、HTML の HREF で mailto に全角文字が指定された場合

まとめ

上記の動作をすべてまとめると以下のようになります。

Internet Explorer 6 以前、または [mailto リンクで UTF-8 を使う] がオフである場合

・フォームによる送信

コードページ
Oultook 2010/2007
Windows メール
Outlook 2003 以前および
Outlook Express
UTF-8
NG
NG (件名は OK)
NG
Shift-JIS
OK
OK
OK

・全角文字の mailto

コードページ
Oultook 2010/2007
Windows メール
Outlook 2003 以前および
Outlook Express
UTF-8
NG
NG (件名は OK)
NG
Shift-JIS
OK
OK
OK

※ UTF-8 の文字がエンコードされずに指定された場合、UTF-8 の 3 バイト目の文字が DBCS の 1 バイト目と解釈され、パラメータの連結を意味する & が正しく識別できなくなることがあります。そのような場合には、順序によって本文または件名が空白となります。

・ShellExecute 直接指定

すべてのクライアントで OK
※ ファイル名を指定して実行やショートカットなどで mailto リンクに全角文字を指定した場合も ShellExecute 直接指定と同様です。

[mailto リンクで UTF-8 を使う] がオンである場合

・フォームによる送信

コードページ
Oultook 2010/2007
Windows メール
Outlook 2003 以前および
Outlook Express
UTF-8
OK
NG (件名は OK)
NG
Shift-JIS
NG
OK
OK

・全角文字の mailto

コードページ
Oultook 2010/2007
Windows メール
Outlook 2003 以前および
Outlook Express
UTF-8
OK
NG (件名は OK)
NG
Shift-JIS
OK
NG
NG

・ShellExecute 直接指定

Outlook 2010/2007 は NG、他は OK

広告

Outlook Express で受信済みのメールも含めてすべて文字化けする現象について

最近、Outlook Express で今まで受信したメールも含み、すべてのメールが文字化けするという事例が確認されています。
この現象は以下の Internet Explorer の修正による影響により発生しています。

[MS10-090] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム

この修正プログラムには日本語 JIS (iso-2022-jp) の自動検出を無効にするという修正が含まれているのですが、Outlook Express のようにメールの表示で Internet Explorer のコンポーネントを使用しているものまで影響を受けてしまい、メールの表示で JIS の自動検出が行われなくなります。
その結果、JIS エンコードが使用されているメールがすべて文字化けするという現象が発生します。

これを回避するには、下記のページから修正プログラムをダウンロードして適用してください。

KB2467659 Internet Explorer 用の更新プログラムについて (2010 年 12 月 14 日)

Outlook Express でメッセージのリンクをクリックした際の挙動について

Outlook Express でメッセージのリンクをクリックすると、以下のような挙動になります。

  • ブラウザを起動してから一度も Outlook Express でリンクをクリックしていない場合、新しいウィンドウでリンク先のページが表示されます。
  • Outlook Express で開いたウィンドウが存在する場合、メールのほかのリンクをクリックすると同じウィンドウでリンク先のページが表示されます。

このような挙動となるのは、 Outlook Express で表示した HTML メールのリンクのターゲットとして "_unspecifiedFrame" が指定されているためです。
リンクのターゲットとは、リンクをクリックした際に表示するウィンドウの名前を指定するもので、フレームを使った Web ページで任意のフレームにリンク先のページを表示させるために使用します。たとえば、ページの左側にインデックスのフレームがあり、真ん中に本文の表示を行うフレームがあるようなページでは、インデックスのページのリンクのターゲットとして、本文の表示を行うフレームの名前を指定します。

そして、リンクのターゲットが "_unspecifiedFrame" である場合、そのリンクをクリックすると以下のような動作となります。

  • "_unspecifiedFrame" という名前のウィンドウが存在しない場合、新たにウィンドウが開かれ、そのウィンドウでリンク先のページが表示されます。
  • "_unspecifiedFrame" という名前のウィンドウが存在する場合、そのウィンドウにリンク先のページが表示されます。

このような動作であるため、メールのリンクを最初にクリックしたときには新しいウィンドウで表示され、以降のリンクのクリックでは同じウィンドウで表示されるのです。

残念ながら、この動作を Outlook Express やブラウザの設定によって回避することはできません。また、Shift キーや Ctrl キーを押しながらリンクをクリックしたとしても、ターゲットの指定が変わることはないため、挙動も変わりません。

なお、以下のようにアドレスに入力すると、現在表示されているウィンドウの名前が確認できます。

  javascript:alert(window.name);

また、以下のようにアドレスに入力すると、そのウィンドウは Outlook Express では使われなくなります。

  javascript:window.name = "";