Outlook 2016/2013 でルールによるアプリケーションやマクロの実行ができない


2017 年 5 月以降にリリースされた Outlook 2016 の修正プログラム、または 6 月以降にリリースされた Outlook 2013 の修正プログラムを適用すると、以下のような現象が発生します。

  • アプリケーションやマクロを実行するルールが (エラー) と表示される
  • 新規ルール作成で「アプリケーションを開始する」や「スクリプトを実行する」というアクションが選択肢からなくなる

これは、セキュリティ強化に伴う動作変更です。

ただし、機能が完全に削除されたわけではなく、以下のレジストリ設定を行うことで引き続き「アプリケーションを開始する」や「スクリプトを実行する」というアクションが使用できるようになります。

Outlook 2016 のキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security\

Outlook 2013 のキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Security\

値の名前: EnableUnsafeClientMailRules

値の種類: REG_DWORD

値のデータ: 1

– 参考リンク

How to control the rule actions to start an application or run a macro in Outlook 2016 and Outlook 2013

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中