マクロで書式設定した文字列を予定アイテムの本文に書き込む方法


コメントにて以下のご要望をいただきました。


お世話になります。OUTLOOKの予定表の本文中の書式設定(フォント、色、サイズ)を変更したいのですが、

どのようにしたらできるでしょうか?ご教示ください。

現状、objITEM.Body= ” xxxxxxxx ” にて本文を設定しています。

メールの場合には .HTMLBody= “” & “” などで、変更できたのですが。

お手数ですがよろしくお願いいたします。


Outlook 2013 まで、予定アイテムや仕事アイテムは常にリッチテキスト形式でした。
Outlook 2016 からは予定アイテムでもリッチテキスト以外の形式が選択できるようになりましたが、以前の動作を引き継いでいるためか、AppointmentItem には HTMLBody プロパティがありません。

リッチテキスト形式の本文を格納する RTFBody プロパティもあるのですが、リッチテキスト形式のデータは HTML に比較するとかなり複雑なものとなっており、これを使って書式設定を行うというのはちょっと現実的ではありません。

そこで、予定表の本文で書式設定を行いたい場合は、本文の編集に使用されている Word コンポーネントを利用します。

InspectorWordEditor プロパティで取得できる Word の Document オブジェクトを使用すると、本文に書式設定を行った文字列を書き込むことができます。

以下のマクロは、本文に様々な書式設定の文字列を書き込むサンプルです。

' ここをトリプルクリックでマクロ全体を選択できます。

Public Sub WriteRichTextToBody()
     Dim wrdEditor As Object ' Word.Document
    ' Word のコンポーネントを取得
     Set wrdEditor = ActiveInspector.WordEditor
     ' Selection オブジェクトで書き込みを行う
     With wrdEditor.Application.Selection '
         ' フォント指定の例
         .Font.Name = "Meiryo"
        ' フォントサイズ指定の例
         .Font.Size = 10
         ' 太字の例
         .Font.Bold = True
         .TypeText "太字" & vbCrLf
         .Font.Bold = False
         ' 斜体の例
         .Font.Italic = True
         .TypeText "斜体" & vbCrLf
         .Font.Italic = False
         ' 下線の例
         .Font.Underline = True
         .TypeText "下線" & vbCrLf
         .Font.Underline = False
         ' 色指定: 赤
         .Font.ColorIndex = 6 ' wdRed
         .TypeText "red" & vbCrLf
         ' 色指定: 緑
         .Font.ColorIndex = 11 ' wdGreen
         .TypeText "green" & vbCrLf
         ' 色指定: 青
         .Font.ColorIndex = 2 ' wdBlue
         .TypeText "blue" & vbCrLf
     End With
End Sub

マクロの登録方法やメニューへの追加について

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中