Office 2016 がリリース


9月22日に Office の新しいバージョンである Office 2016 がリリースされました。
Outlook 2016 に追加された新機能については以前 Ignite で公表された内容をもとに記事にしましたが、改めて新機能や重要な変更点、削除された機能などを紹介します。

新機能

以下の新機能はすでに以前記事にしたものです。計画通りリリースに含まれたようですね。

  • Office 365 Groups のサポート
  • クラウド添付ファイル
  • 同期スライダーで最短3日が指定可能
  • 検索の強化
  • メールアドレスの国際化

以下のような機能も追加されました。

OAuth のサポート

OAuth とは Exchange Online と接続する際に多要素認証など追加の認証機能を使用するための新しい認証機能のことです。
こちらの機能は Outlook 2013 でも修正プログラムにより追加されています。

大きいサイズのアーカイブのサポート

Exchange Online などでは、アーカイブ メールボックスのサイズが無制限というようなものもあり、100G を超えるような場合には複数のアーカイブ メールボックスが生成されることがあります。
Outlook 2016 はこのような状況でも一つのメールボックスとして表示されます。

Outlook.com が EAS から MAPI へ

現在の Outlook.com (旧 Hotmail) のアカウントは、Exchange ActiveSync というプロトコルで接続されていますが、Outlook.com が Office 365 に統合され、MAPI で接続されるようになります。

重要な変更点

Outlook 2016 では Exchange Server 接続での AutoDiscover が必須となります。
以前のバージョンでは手動でサーバー名などを設定して Exchange Server に接続するプロファイルを作成できましたが、そのようなことができなくなりました。
そのため、すでに構成済みの Exchange アカウントでも AutoDiscover ができない環境では起動に失敗したりエラーが発生したりします。
詳細については以下の KB も参考にしてください。

3098831 “Outlook cannot log on” or “Cannot start Microsoft Outlook” error displays in Microsoft Outlook 2016

削除された機能

以下のような機能は Outlook 2016 では削除されました。

  • PRF ファイルによる Exchange アカウントの構成
  • Outlook Social Connector
  • InfoPath フォーム

また、Exchange Server 2007 以前の古いサーバーにも接続できなくなっています。(POP/IMAP なら可能)

これらの機能を使うユーザーが少ないから削除されたということかもしれませんが、もし使っている方がいるならバージョンアップの前に代替案を考えないといけませんね。

参考リンク:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中