テキスト形式で全角文字と半角文字の間にスペースが入る動作を回避する方法


Outlook 2007 以降では、メールの表示に Word のコンポーネントが使用されますが、Word の既定では全角文字と半角文字の間のスペースを調整する機能が有効となっており、テキスト形式のメールの表示においてもこの機能により微妙にずれが生じる場合があります。
この動作を無効にする手順はちょっとトリッキーなのですが、以下のようなものになります。

  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ  エディターを起動します。
  3. 以下の 2 つの値が存在する場合は削除します。
    – Outlook 2013
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\MailSettings\TextFontComplex
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\MailSettings\TextFontSimple

    – Outlook 2010
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\MailSettings\TextFontComplex
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\MailSettings\TextFontSimple

    – Outlook 2007
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Common\MailSettings\TextFontComplex
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Common\MailSettings\TextFontSimple
  4. Outlook を起動します。
  5. 新規メッセージを作成し、リッチ テキスト形式を選択します。
  6. 本文を選択し、[書式設定] タブのスタイルの一覧の [標準] を右クリックし、[変更] をクリックします。
  7. [スタイルの変更] 画面で、[書式] – [段落] をクリックします。
  8. [体裁] タブの [日本語と英字の間隔を自動調整する] と [日本語と数字の間隔を自動調整する] をオフにし、[OK] をクリックします。
  9. [このテンプレートを使用した新規文書] を選択し、[OK] をクリックして画面を閉じます。

ポイントは、手順3で既存のテキスト形式の書式指定を削除するところと、手順5でリッチテキスト形式を指定するところにあります。
リッチテキスト形式で指定した標準のスタイルがテキスト形式でも使用されるのですが、一度テキスト形式のフォントなどを指定するとその際のスタイルがレジストリに保存され、以降は標準のスタイルを読み込まないという動作になっているのです。

広告

テキスト形式で全角文字と半角文字の間にスペースが入る動作を回避する方法」への2件のフィードバック

  1. Outlook2010ですが、TextFontComplexとTextFontSimpleが存在しませんでした。類似のキーでReplyFontComplexとReplyFontSimpleがあったので、これらを削除したところ、うまくいきました!この情報は本当に貴重です。ありがとうございました!

  2. 初めまして。Outlook2013を利用しています。
    テキスト形式で送信されたメッセージを受信すると、行間倍率が0.25で表示され、行間が狭すぎで本文を読むことができませんでした。
    このサイトを見つけるまでいろいろな方法を試したのですが、うまくいかず思い悩んでおりました。原因もわかりすっきりしました。
    本当に助かりました!ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中