Windows 7 上の Outlook で多数の EML ファイルを一括インポートする方法


EML 形式のファイルは SMTP や POP で送受信されるメッセージのデータをそのままの形で保持するファイル形式であり、Outlook Express や Windows メールだけでなく、マイクロソフト社以外のメールソフトでも広く使用されている形式です。

一方、Outlook では EML ファイルを直接開くことはできるものの、そのファイルをドラッグアンドドロップで個人用フォルダー ファイルにコピーすることができません。
Windows メールや Outlook Express を経由してインポートする方法がありますが、Windows 7 では別途 Windows Live メールをインストールしなければならないのでしょうか?

実は、Windows Live メールを使わなくても一括でインポートする方法があります。以前紹介したように、Windows 7 には Windows メールのコンポーネントが存在しており、これを使って以前のバージョンからのメールを Outlook に引き継ぐことができます。
そして、このコンポーネントを使用することにより、ローカルの EML ファイルもインポートさせることができます。

手順は以下の通りです。(本来想定されていない使用方法なので、ちょっと特殊です。)

  1. Outlook を起動します。
  2. 下記の通りインポート ウィザードを起動します。
    Outlook 2010: [ファイル]-[開く]-[インポート] をクリック
    Outlook 2007: [ファイル]-[インポートとエクスポート] をクリック
  3. [インターネットメールやアドレスをインポート] を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [Outlook Express 4.x、5.x、6.x、または Windows Mail] を選択し、[アドレス帳のインポート] をオフにして [完了] をクリックします。
  5. [インポートの概要] ダイアログで [OK] をクリックします。
  6. スタート メニューで %localappdata% と入力して、Enter キーを押します。
  7. 開いたフォルダーの Microsoft\Windows Mail\Local Folders\Inbox フォルダーを開きます。
  8. Inbox フォルダーにあるファイルをすべて削除します。
  9. インポートしたい EML ファイルを Inbox フォルダーにコピーします。
  10. 上記の 2. から 5. を繰り返し、インポートします。

これにより受信トレイに EML ファイルがメールとしてインポートされます。

広告

Windows 7 上の Outlook で多数の EML ファイルを一括インポートする方法」への11件のフィードバック

  1. とても参考になりましたが、私の環境(Win7, Outlook2010)では2回目のNo.5で「0件」になってしまいました。
    ですが、emlファイルをダブルクリックで開いて、ファイル→フォルダーへ移動→フォルダへコピーで、1件ずつ取り込むことができました。(面倒ですが)

  2. 1の方と同じように、2回目以降0/0となり取り込めなくなりました。大量にemlファイルがあるので一つずつ保存ってのも無理です。
    何か良い方法はないでしょうか?

  3. 2回目以降にインポート出来ない方は、Windows Mailのプロセスが起動していませんか?
    どうも、Windows Mail関連の設定ファイルがロックされていると上手くいかない様です。
    そのため、プロセスを終了させると複数回のインポートができました。それでもだめなら再起動とか。

    いずれにせよちょっと手間は掛かるかもしれませんが、Windows Live メールでインポートした時の様な「既読にならない」問題も今の所発生していない様ですのでなかなかいい方法だと思います。
    ありがとうございます。

    (私はThunderbirdからOutlook2010へ移行させるのに苦労してきたのでもっと早くこの方法が知りたかったです。)

  4. 私も2回目以降は0/0で取り込めませんでした。
    Windows Mailのプロセスも起動しておらず、OutlookやPCの再起動などしても変わりませんでした。

  5. こんにちわ
    1のicchoさんの操作をマクロ化できないでしょうか。
    つまり、
     取り込み元のフォルダ’A’とをOutlook上の移動ファルダ’B’を指定
     Aのemlファイルを開く→[ファイル]-[フォルダーへ移動]→Bのフォルダを選択
     以下、Aのファイルに対して繰り返し実行。

    Excelマクロならわかるのですが、Outlookのマクロはまだ習得していないので、私にはかなりハードルが高くて作ることが出来ません。
    会社でメールソフトがOutlook2010に変わったため、過去メールを扱いにちょっと困っています。
    もし、こちらで公開していただけると助かります。

  6. ピンバックさん

    リンク先にコメントしましたが、マクロありがとうございました。
    おかげで、過去メールがきれいにOutlook2010に格納されました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中