Outlook 2007 で追加された空き時間情報の権限


Exchange Server 2007 以降の環境で、Outlook 2010/2007 により予定表フォルダーのアクセス権を見ると、既定のアクセス権が [空き時間情報のみ] となります。一方、Outlook 2003 では既定のアクセス権は [なし] となっているため、Outlook 2007 以降でアクセス権が緩められたように錯覚される方もいるかもしれません。しかし、実際には Outlook 2003 の [なし] という権限は、Outlook 2007 の [空き時間情報のみ] と同じ権限になります。では、いったい何が変わったのでしょう?

Outlook 2003 では空き時間情報をパブリック フォルダーにある Schedule+ システム フォルダーから取得します。このフォルダーには空き時間情報を格納したアイテムが 1 ユーザー 1 アイテムとして保存されていますが、Exchange サーバーではアクセス権が基本的にはフォルダー単位でしか設定できず、空き時間情報のアクセス権はアイテム (ユーザー) 単位ではなくシステム単位で設定する必要があります。そのため、既定では全ユーザーにアクセス権があり、個々のユーザーでアクセス権を指定することはできませんでした。

一方、Outlook 2007 以降では Exchange Server 2007 から追加された可用性サービスから HTTP を使用して空き時間情報の取得を行います。この可用性サービスでは単に空き時間情報だけでなく、一覧表示で使用される件名や場所も取得が可能となっており、ユーザーがほかの人にどの程度まで公開するかを設定することが可能です。そのため、Outlook 2007 には [空き時間情報のみ] や [空き時間情報、件名、場所] というアクセス権が追加されています。

なお、Outlook 2007 で予定表の既定のアクセス権を [なし] にしてしまうと、Outlook 2003 との混在環境においては、ちょっとややこしいことになります。Outlook 2003 は Exchange Server 2007 の環境であってもパブリック フォルダーの空き時間情報を参照しますが、前述のとおりパブリック フォルダーに対してはアイテム単位でしかアクセス権が設定できません。そのため、Outlook 2007 で予定表の既定のアクセス権を [なし] とすると、Outlook 2007 はパブリック フォルダーへの空き時間情報の発行を行わないという動作になります。この結果、たとえ他のユーザーに空き時間情報へのアクセス権を含む参照者などの権限を与えたとしても、そもそもパブリック フォルダーに空き時間情報がないため、空き時間情報が見えなくなるという現象が発生します。
したがって、Outlook 2007 以降で予定表のアクセス権を不用意に [なし] に変更するのは避けるべきといえるでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中