すべてのフォルダーで閲覧ウィンドウを表示させない方法


Outlook 2010/2007 の閲覧ウィンドウは Outlook 2003 以前のバージョンに比べてはるかに安全になってるのですが、いまだにセキュリティ上の理由で無効にしたいという需要があるようです。
閲覧ウィンドウのオン・オフはビューの設定で可能ではあるものの、フォルダごとに設定する必要があるため、フォルダが多数の場合にすべてオフにするのが大変という話を聞きました。

そのような場合、Outlook.exe /nopreview として実行すると、閲覧ウィンドウを表示せずに Outlook を起動することができますので、デスクトップに以下の手順でショートカットを作り、こちらから起動することですべてのフォルダの閲覧ウィンドウをオフにしたのと同様な動作となります。

  1. デスクトップを右クリックし、[新規作成]-[ショートカット] をクリックします。
  2. [項目の場所を入力してください] に以下のように入力し、[次へ] をクリックします。

    Outlook 2010 の場合
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\Outlook.exe" /nopreview

    Outlook 2007 の場合
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\Outlook.exe" /nopreview

  3. ショートカットの名前を適切なものにし、[完了] をクリックします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中