Windows 7 の中の Windows メール


Windows 7 には Outlook Express や Windows メールのようなメール クライアントが含まれていないことになっていますが、実際には C:\Program Files\Windows Mail というフォルダーが存在しており、その中には Windows メールの実行ファイルである WinMail.exe があります。(システム属性が付与されているので、既定では表示されません。)
ただし、WinMail.exe を実行しても、通常は何も起こりません。

では、いったいなぜこのファイルが存在するのでしょうか?

このファイルの存在理由はただ一つ。それは「Outlook Express や Windows メールのデータを他のアプリケーションに引き継ぐ」というものです。
例えば、Outlook が Outlook Express などのデータをインポートする際、DBX ファイルや EML ファイルを直接開くわけではなく、Windows メールの API を使用します。つまり、Windows 7 に Windows メールが存在しないと、古い PC から転送ツールでコピーしてきたメールデータを引き継ぐことができないということになってしまいます。
そのため、インポート処理をする部分だけをのこした Windows メールが存在し、間違って起動されて何も起こらずユーザーが混乱してしまうということを防ぐためにシステム属性を付与して隠していると考えられます。

これでは単なる無駄知識になってしまうので、ちょっとした Tips を。
Windows XP から Windows 転送ツールでコピーした Outlook Express のデータを Outlook でインポートする際、データのサイズがおよそ 1G を超えるぐらいになると、インポート処理の途中で突然フォルダー選択のダイアログが表示されて失敗することがあります。
これは、Windows メール自体の Outlook Express からのインポート処理に時間がかかりすぎると、Outlook でタイムアウトが発生してしまうためです。
このような場合、ファイル名を指定して実行で下記のコマンドを実行します。

    c:\Program Files\Windows Mail\WinMail.exe

こうすると、Windows XP から転送した Outlook Express のデータがある場合には Windows メール セットアップというダイアログが表示され、Windows メールのインポート処理が実行されます。そして、このダイアログの表示が終わった後で Outlook でインポートすると、フォルダーの選択が表示されずにインポートができるというわけです。
Outlook でのインポートがうまくいかないという方は試してみてください。

Windows 7 の中の Windows メール」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中