IMAP のストアが既定のデータ ストアに設定できない理由


Outlook で IMAP サーバーを使用すると、フォルダのツリー表示には [個人用フォルダ] のほかに IMAP アカウントのメールアドレスをルートとするフォルダ階層が作成されます。どちらにも受信トレイがあるため、一本化したいと思っても、個人用フォルダは既定のデータ ストアとなっていて削除できず、IMAP アカウントのツリーを既定のデータ ストアにすることができません。

このようなことが起こるのは、IMAP アカウントのツリーとして表示される IMAP ストアに制限があるためです。

IMAP というプロトコルは、基本的にはサーバー上にメールを保持し、クライアントが必要に応じてサーバー上のメールを参照するという動作になります。
そして、Outlook で表示される IMAP アカウントのフォルダは、IMAP サーバー上のメールデータのキャッシュになり、メール以外のデータを置くことができません。
一方、Outlook としては既定のデータ ファイルにメールだけでなく予定や連絡先など様々なデータを保存する必要があります。
IMAP サーバーは予定や連絡先を保存することができないため、既定のデータ ファイルとして設定できないのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中