Outlook が起動しない、または Outlook が終了しない問題について


Outlook を終了した後、再び Outlook のアイコンをダブルクリックして起動しようとした際に、いつまでたっても Outlook が起動してこないという現象が発生することがあります。また、Outlook 2007 以降では、このような現象が発生する際にタスクトレイに灰色の Outlook のアイコンが表示され続けます。

この現象が発生する原因は、Outlook が終了できない点にあります。Outlook は同時に複数の Outlook を起動しないよう設計されており、2 つ目以降の Outlook が起動された場合には、すでに起動済みの Outlook の処理を待つ状態となります。
そして、起動済みの Outlook が終了できずにメモリに常駐し続けると、それ以降 Outlook が新たに起動できないという状況になるのです。

では、Outlook が終了しない原因はなんでしょうか?
多くの場合、Outlook が終了できない原因は Outlook のアドインとして動作するプログラム (ウイルススキャンやデスクトップ検索プログラム) です。

例えば、ウイルススキャンソフトウエアには新着メールが届くと Outlook のアドインとして動作しているエージェントがウイルススキャンのサービスに通知し、そのサービスが Outlook の API を使用して添付ファイルのウイルススキャンを実行するというものがあります。このような処理を行う場合、Outlook は添付ファイルへのアクセスが終了するまで、自分自身が終了しないようにします。というのも、サービスが添付ファイルにアクセスしている間に Outlook が終了してしまうと、そのサービスが異常終了する可能性があるからです。
そして、添付ファイルにアクセスしているプログラムが API の使い方を誤っていたり、Outlook の機能を呼び出している間にプログラムが停止してしまったりすると、いつまでも添付ファイルへのアクセスが終了しないという状態となり、結果として Outlook も終了できないという状況になります。

このような現象が発生した場合、以下の手順ですべてのアドインを無効化し、現象が発生するかどうかを確認してみてください。

Outlook 2010 の場合: [ファイル]-[オプション] をクリックし、[アドイン] の [設定] をクリックして、表示されるウィンドウですべてのアドインのチェックボックスをオフにします。
Outlook 2007 の場合: [ツール]-[セキュリティ センター] の [アドイン] で [設定] をクリックして、表示されるウィンドウですべてのアドインのチェックボックスをオフにします。

そして、現象が発生しなくなったら同じ手順で一つずつ有効にしていき、特定のアドインを有効にすることで現象が発生するようになったら、そのアドインが原因です。

使っていないアドインならそのまま無効にしておいてください。また、使っているアドインなら、そのアドインの最新版がないか確認してみてください。

広告

Outlook が起動しない、または Outlook が終了しない問題について」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中