Outlook のセキュリティ修正プログラムがリリース


今月の月例セキュリティ修正プログラムのリリースにおいて、Outlook 2002/2003/2007 のセキュリティ修正プログラムがリリースされました。
問題としては、添付ファイルの情報に細工をすることで、添付ファイルを開くだけで悪意のあるファイルをダウンロード・実行させることができるというものです。
対策としては怪しい添付ファイルを開かないというものがありますが、怪しいかどうかを区別するのは難しいと思われるので、修正プログラムを適用したほうがよいでしょう。
詳細は、http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS10-045.mspx をご覧ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中