Outlook 2007 のおすすめレイアウト


この記事は Best Practices for Outlook 2007 の「Setting up Outlook 2007: The layout」を参考にしています。

Outlook 2007 を使用するにあたって最初にすべきことは、Outlook 2007 の画面レイアウトを設定するということです。以下のような設定がおすすめのレイアウトです。

  • ナビゲーション ウィンドウを左に表示します。
  • メールをスレッド別に並び替え、自分宛のメールを青で表示するようにします。
    自分宛のメールを青で表示するには、[ツール] メニューの [整理] をクリックし、表示された整理ペインで [色分けする] をクリックして、[宛先に自分の名前だけがあるメッセージを青で表示する] の右の [オン] をクリックします。
  • 閲覧ウィンドウを右に表示します。
    閲覧ウィンドウを右にする理由は、幅の広い文字列を数行読むよりも、幅の狭い文字列を倍の行数で読んだ方が読みやすいためです。1行の幅が広くなければ、目や首をそれほど移動しなくても1行のすべてを読むことができ、行末から行頭への目の移動も少なくてすみます。また、そもそも Outlook で閲覧ウィンドウをオンにするのはセキュリティ上の懸念があるという方もいるかもしれませんが、Outlook 2007 ではメッセージの表示には Word のコンポーネントが使用されており、ActiveX などのオブジェクトが埋め込まれていても動作しません。そのため、以前のバージョンよりも安全といえます。 
  • To Do バーを右端に表示します。画面の解像度が 1024×768 よりも小さい場合は To Do バーを最小化します。
  • Exchange サーバーを使用している場合はキャッシュ モードを有効にします。

広告

Outlook 2007 のおすすめレイアウト」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中