自分宛のメッセージを色分けして表示する


Outlook には [ツール]-[整理] の [色分けする] に "[宛先] に自分の名前だけがあるメッセージを色で表示する" という設定があり、これによって自分のアドレスに対して送信されたメッセージの色分けが可能となります。しかし、自分がアドレスだけでなく表示名を含んだ形で宛先に記載されている場合、色分けが正しく行われません。これは、おそらくメッセージの To プロパティに自分のアドレスが含まれる場合、というようなルールになっているためと思われます。

自分が表示名で表されていたとしても色分けをしたい場合には、以下のような手順で設定を行います。

1. 宛先に自分が指定されていた場合に ToMe という分類項目を割り当てる自動仕訳ルールを作成します。
1.1. [ツール]-[仕訳ルールと通知] をクリックします。
1.2. [新しい仕訳ルール] をクリックします。
1.3. [新しい仕訳ルールを作成] を選択し、[次へ] をクリックします。
1.4. [[宛先] に自分の名前がある場合] をオンにし、[次へ] をクリックします。
1.5. [分類項目を割り当てる] をオンにし、「ステップ 2」に表示されている (分類項目) をクリックします。
1.6. テキストボックスに ToMe と入力し、[リストに追加] をクリックして、[OK] をクリックします。
1.7. [完了] をクリックします。

2. 作成したルールを受信トレイのメッセージに適用します。
2.1. [仕訳ルールの実行] をクリックします。
2.2. で作成したルールのチェックボックスをオンにして [今すぐ実行] をクリックします。
2.3. [閉じる] をクリックします。
2.4. [OK] をクリックします。

3. 分類項目が ToMe であるメッセージを色分けする自動書式を作成します。
3.1. [表示]-[並べ替え]-[現在のビュー]-[現在のビューの編集] をクリックします。
3.2. [自動書式] をクリックします。
3.3. [追加] をクリックします。
3.4. [名前] に "ToMe" と入力します。
3.5. [フォント] をクリックし、[色] で自分あてのメッセージの色を選択して [OK] をクリックします。
3.6. [条件] をクリックします。
3.7. [詳細設定] タブで [分類項目] をクリックします。
3.8. [ToMe] をオンにし、[OK] をクリックします。
3.9. すべてのダイアログで [OK] をクリックし、ダイアログを閉じます。

広告

自分宛のメッセージを色分けして表示する」への3件のフィードバック

  1. 初心者です。書かれている方法をOutlook2010に試しました。手動でルールを適用する限りはうまくいくのですが、新着メールに「分類項目」がうまく適用されず、普通のメールとして受信してしまいます。単なるPCのエラーなのか、何か方法があるのか、ご教授頂ければ幸甚です。

    • ルールの一覧の最後に「メールの分類項目を消去する (推奨)」というものがありませんか?
      これがオンになっていると設定された分類項目は消去されてしまいます。

      • そんな「ルール」が存在するとは、全く気づきませんでした。とにかく、一度やってみます。有難うございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中