Google Apps Sync for Microsoft Outlook をインストールすると Outlook の検索ができなくなる


先日、Google 社より Outlook のメールや予定表、連絡先と Google Apps のデータを同期するための Google Apps Sync for Microsoft Outlook というプラグインが発表されましたが、このツールをインストールすると Outlook 内のすべてのデータの検索ができなくなるという現象が発生するようです。

原因は Google Apps Sync がインストールの際に Windows Search の設定を勝手に変更し、Outlook の一切のデータを検索対象から除外するようにしてしまうためです。この設定はユーザー単位ではなくコンピュータ単位で行なわれるので、コンピュータを複数のユーザーで使っている場合には、誰かが Google Apps Sync をインストールすると、他のユーザーも Outlook のデータの検索ができなくなります。

この問題の回避策は Google Apps Sync のインストーラが行った以下のレジストリ設定の変更を元に戻すということになります。手順は以下の通りです。(最新版の Google Apps Sync をインストールしてからアンインストールをすることでも回避できます。)

  1. ファイル名を指定して実行により、REGEDIT を起動します。
  2. レジストリ キーの “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search” まで移動します。
  3. PreventIndexingOutlook をダブルクリックします。
  4. 値を 0 にして [OK] をクリックします。
  5. REGEDIT を終了します。

レジストリの編集に自信がないという方のために、上記の設定を行なうファイルを用意しました。http://cid-9d7ea61ec7daa750.skydrive.live.com/self.aspx/%e5%85%ac%e9%96%8b/EnableSearchInOutlook.reg の [ダウンロード] をクリックして EnableSearchInOutlook.reg をローカル ディスクに保存し、それをダブル クリックして設定を適用してください。なお、この設定を適用するにはコンピュータの管理者権限が必要となります。

参考リンク:
Microsoft Office Outlook Team Blog – Google Apps Sync Disables Outlook Search
What’s different with Google Apps Sync for Microsoft Outlook

7/1 追記:
Google Apps Sync の不具合が修正されたようです。
http://googleenterprise.blogspot.com/2009/06/updates-to-google-apps-sync-for.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中