Outlook Connector を使って PC 間のメッセージを同期する


Outlook を複数の PC で使っている場合、その両方でメッセージを受信したいということがあります。POP サーバーを使用している場合は「サーバーにメッセージのコピーを残す」というオプションを使って複数の PC で受信することができますが、この場合には 1 台の PC で読み終わったメッセージでも他の PC では未読状態のままになってしまいます。また、送信済みアイテムについてはこの方法では同期できないため、BCC で自分宛てに送信しておく必要もあります。

そこで、私が使用している方法は Microsoft Office Outlook Connector で Windows Live Hotmail (以下、Hotmail) のストレージを共有メッセージ フォルダとして使うというものです。Microsoft Office Outlook Connector は Outlook 2007/2003 から Hotmail のメッセージにアクセスするためのアドインですが、Outlook 上で Hotmail のフォルダにメッセージをコピーすると Hotmail のサーバーにアップロードされます。
つまり、メッセージのコピーを残しておかなくても POP サーバーからダウンロードされたメッセージを自動仕分けのルールで Hotmail のフォルダに移動しておけば、Hotmail のサーバーを経由して他の PC でも読めるようになるのです。また、メッセージの未読・既読の状態も含んでアップロードされるので、1 台の PC で読み終わったメッセージは、別の PC でも既読の状態になります。(ただし、同期をするために送受信の動作が必要です。)
さらに、送信したメッセージを Hotmail のフォルダにコピーする自動仕訳ルールを追加しておけば、自分自身に BCC しなくても別の PC で送信したメッセージを確認することができます。

まとめると、以下のような設定を行うことでメッセージの共有ができます。

  1. Hotmail のアカウントを持っていない場合は、新規に Hotmail のアカウントを取得します。(アカウントの取得や Hotmail の使用は無料です。アカウントの取得は http://get.live.com/ja-jp/mail/overview からできます。)
  2. Outlook Connector をダウンロードしてインストールします。
  3. Outlook を起動して、Hotmail のアカウントをプロファイルに追加します。
  4. 受信したメッセージを Hotmail アカウント上のフォルダ ([フォルダの選択] で Hotmail のアカウントのアドレスの下に表示されているフォルダ) に移動するルールを作成します。
  5. 送信したメッセージを Hotmail アカウント上の送信済みアイテムにコピーするルールを作成します。

なお、注意しないといけない点は、Hotmail のフォルダ上のメッセージに返信を行うと、もともと受信した POP アカウントではなく Hotmail のアカウントが返信用のアカウントとして使用される場合があるということです。したがって、通常 POP アカウントをメインで送受信しているという場合には、任意のアカウントで返信するマクロを使って返信するとよいでしょう。

Outlook Connector には Hotmail の予定表や連絡先も同期できる機能があるので、これらの情報の共有にも使用できます。

Outlook Connector を使って PC 間のメッセージを同期する」への2件のフィードバック

  1. 送信済みトレイの同期の方法を探しています。何らかのよい方法をご存じありませんか?

  2. To SATOSHI SATOMAX さんメッセージの送信ルールで送信したメッセージすべてを Hotmail アカウントの送信済みアイテムにコピーするというのはどうでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中