Outlook 2007 の LDAP アドレス帳で一覧表示を有効にする


Outlook では LDAP サーバーをアドレス帳として使用することが可能であり、Outlook 2003 では LDAP サーバーが Virtual List View という機能をサポートしている場合に LDAP サーバーが保持するアドレスの一覧をスクロールさせて表示することが可能でした。

しかし、Outlook 2007 ではこの機能が既定で無効になっているため、Outlook 2003 まで一覧表示されていた環境で Outlook 2007 にアップグレードすると一覧表示されなくなります。([名前のみ] というラジオボタンが無効になります。)

Outlook 2007 で LDAP アドレス帳の一覧表示を有効にするには、以下の手順で設定を行ないます。

  1. スタート メニューの [ファイル名を指定して実行] で regedit.exe と入力し、レジストリ エディタを起動します。
  2. 以下のキーに移動します。なければ作成してください。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\LDAP

  3. 上記のキーを右クリックし、[新規]-[DWORD 値] をクリックします。
  4. DisableVLVBrowsing と入力し、Enter キーを押します。
  5. 値が 0 になっていることを確認します。
  6. レジストリ エディタを終了します。

参考リンク: http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/office/ork/library/ff54b078-5bf8-4f24-8573-5607339c9670.mspx

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中