Outlook のプログラミングに関するリソース


先日、メッセージで以下のようなご質問をいただきました。


マイクロソフト製品とのプログラミングインターフェースはどうすれば調べることが出来るかご教授願います。例えば、MSDN(http://www.microsoft.com/japan/msdn/)を検索することで見つかるのでしょうか?


返信しようとしたところ、差出人の方のコミュニケーション設定により返信できなかったため、ブログの記事で回答させていただきます。

Outlook のプログラミング インターフェイスである Outlook オブジェクト モデル (以下、OOM) については MSDN ライブラリにあるのですが、残念ながら検索精度があまりよくないようです。
また、OOM はあまりサンプルも多くないので、希望の処理をするための機能を Web 検索で見つけるというのはちょっと難しいかもしれません。時間はかかりますが、OOM のオブジェクトやメソッド、プロパティなどを隅々まで眺めて、どうすれば実現できるかを考える必要があるでしょう。

まずは、Outlook デベロッパー ポータル (http://msdn.microsoft.com/ja-jp/office/aa905455.aspx) をお勧めします。現時点ではほとんどが英語のページへのリンクですが、徐々に日本語ページもできてくると思います。また、Outlook 2010 での開発なら http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff458122.aspx に様々なページへのリンクがあります。

また、http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/resources/qanda/default.mspx (Hey, Scripting Guy!) にも Outlook を使うサンプルがいくつかあります。OOM についてはこのブログでも簡単に説明した記事 (https://outlooklab.wordpress.com/2007/03/03/outlook-%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88-%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab/) がありますので、こちらもぜひ参考にしてください。
サンプルのリストとしては http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff863719.aspx が参考になるでしょう。

– 更新
2010/10/31: 最新情報を含むよう更新しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中