Outlook Web Access で本文の編集部分に赤い×印が出る現象について


今日は Outlook の話ではなく Exchange サーバーで Web 経由によりメッセージの送受信などができる Outlook Web Access (以下、OWA) の話をします。

Windows Vista で Exchange 2000 や Exchange 2003 の OWA にアクセスすると、メッセージの新規作成や返信の際に本文を編集する部分に赤い×印が表示され、編集ができない場合があります。
この現象は、Exchange 2000 や Exchange 2003 の OWA でメッセージの編集に使われている Dynamic HTML Editing という ActiveX コントロールが Windows Vista に標準では含まれていないために発生します。
この現象を回避するには、サーバー側にこのコントロールを OWA で使わなくするための修正プログラムを適用する必要があります。

Exchange 2003 日本語版の修正プログラムは以下の URL でダウンロード可能です。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=5bc06e8a-08eb-4976-bc68-a03ebe3a2552

広告

Outlook Web Access で本文の編集部分に赤い×印が出る現象について」への2件のフィードバック

  1. Outlook Web Accessの作成画面の問題を解決しようと上記修正プログラムをインストールしようとしましたが、
    「このコマンドを実行するのに十分な記憶域がありません」と出てしまい、先に進めません。
    どうしたらインストールできますか?メッセージの具体的な意味もわかりません。記憶域とはメモリーのことでしょうか?
     

  2. インストールは Exchange 2003 サーバー上で実施しているのでしょうか?紹介している修正プログラムは Exchange 2003 サーバー用のものであり、OWA を表示するクライアントでインストールすることはできません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中