Outlook 2007 の署名


Outlook 2007 で署名を挿入すると、そこには単に署名の文字列が入るだけではなく、署名が埋め込まれたことを意味するタグが挿入されます。これにより、アカウントを切り替えることで署名も自動的に切り替えられます。一方、挿入した署名を本文上で編集しようとして右クリックすると、編集メニューではなく署名の選択になります。また、別の署名を挿入すると、署名のタグが新しい署名で置き換えられるため、元の署名はなくなります。
この動作は Outlook 2003 でメールの編集に Word を使っていた場合と同じなのですが、メールの編集に Word を使っていなかった場合には複数の署名が追加できたため、使い勝手が悪くなったと感じている方もいるかもしれません。

もし、Outlook 2007 で複数の署名を入れるような必要がある場合は、クイック パーツとして署名を登録しておくと良いでしょう。
クイック パーツとして署名を登録する方法は以下の通りです。

  1. 新規のメールを作成します。
  2. もし、自動的に署名が挿入されている場合は、署名を削除します。
  3. 本文に署名となる文字列を入力します。
  4. 署名にする文字列を範囲選択します。
  5. [挿入] リボンの [クイック パーツ] をクリックし、[選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] をクリックします。
  6. [名前] に "署名" などの任意の名前を入力し、[OK] をクリックします。

このようにクイック パーツとして署名を登録しておけば、複数の署名を追加することも可能になります。

ちなみに、挿入された署名に VBA でアクセスする場合は、Inspector の WordEditor プロパティから表示している本文の WordDocument オブジェクトを取得し、Bookmarks コレクションで "_MailAutoSig" という名前の Bookmark オブジェクトを取得します。例えば、現在表示しているメールの署名を "Test" という文字列に置き換える場合は以下のようにします。

' ここをトリプルクリックでマクロ全体を選択できます。
Set objWord = ActiveInspector.WordEditor
Set objSignature = objWord.bookmarks("_MailAutoSig")
objSignature.Range.Text = "Test"

マクロの登録方法やメニューへの追加について

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中