Outlook とは何か?


Outlook を研究する目的で立ち上げたこのブログ。
記念すべき最初の記事で取り上げるのは、「Outlook とは何か?」です。
 
Outlook は一般的には「メール ソフト」として位置づけられていますが、予定表や仕事という機能もあります。
それだけなら PIM (Personal Information Management) ソフトといえるかもしれません。
 
しかし、Outlook はそれだけではありません。
Exchange サーバーや SharePoint サーバーなどと組み合わせてグループのスケジュールやリソースを管理したり、カスタム フォームなどを使ってワークフローを実装することなども出来ます。
これらの機能を考えると、グループウェア クライアント ソフトともいえます。
 
つまり、Outlook はメール ソフトであり、PIM ソフトであり、グループウェア クライアント ソフトであるわけです。
このようないくつかの側面を持つ Outlook ですが、まとめて一言で表すことも出来ます。
 
それは、MAPI クライアントです。
 
MAPI とは Messeging Application Programming Interface のことで、マイクロソフトがメッセージを送受信するアプリケーションのために作った規約であり、Outlook はこの MAPI をベースとして様々な機能を取り込んでいます。
例えば、メールを送受信する場合も、データを保存する場合も、アドレス帳を開く場合も、全て MAPI 経由でそれぞれのサービスを提供するプロバイダにアクセスするのです。
そのため、一般的なメール ソフトに通用する常識 (例えばスレッドの生成方法など) が Outlook には通用しないこともあったりしますが、他のメール ソフトに比べて格段に拡張性が高いのも Outlook の特徴です。(オープンソースのメール ソフトなら無限の拡張性があるといえるかもしれませんが、ハードルの高さもそれなりですし。)
 
そんなわけで、このブログでは Outlook を単なるメール ソフトで終わらせないようにするための Tips やマクロなどを研究していく予定です。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中